ウォーク・イン・クローゼット

ウォーク・イン・クローゼット

綿矢りささんの小説です。
『いなか、の、すとーかー』『ウォーク・イン・クローゼット』の2本が収められています。
正直なところ特別面白い話ではないと思ったのですが、最後まで一気に読んでしまいました。

『いなか、の、すとーかー』は文字どおり、田舎のストーカーの話です。
笑える話ではなく、ぞっとする話です。
それにもかかわらず、なにかつかみどころのない、
ふわっとした感じがするのが面白いと思いました。

『ウォーク・イン・クローゼット』はOLと幼なじみのタレントのお話。
読んでいるだけでいい香りが漂ってくるような描写が良かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ