自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

アービンジャー・インスティチュートさんの著書。
言わんとしていることがわかるような、わからないような本でした。

耳の痛いようなたとえも出てきます。
たしかにわたしも箱に入っているのかもしれません。
しかしどうやったらそこから抜け出せるのか、
一応は書いてあるのですが、いまいちよくわかりませんでした。

何度も読むことで理解できそうな気もします。
しかし二度目を読みはじめたところで気が進まず、諦めてしまいました。
こういう考え方があると知っただけでも良かったと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ