悩ましい国語辞典-辞書編集者だけが知っていることばの深層

悩ましい国語辞典 ―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

辞書編集者の神永曉さんの著書です。
言葉に関するコラムが国語辞典風に並んでいます。

タイトルの「悩ましい」という言葉についても
本来は色っぽいという意味でしか使われなかったものが、
最近では「悩みの種になる」という意味で使われているということで
確かにそういう使い方も聞くなぁと思いました。

わたしも一応言葉には強い方だと思っていましたが、
ところどころ「こっちが本来の意味だったのか!」と思うところがあって
まだまだ勉強不足だと痛感しました。

かなり分量が多いので、言葉に興味のある人は楽しめると思います。
唯一問題があるとすれば、
どちらが本来の意味なのかパッと見でわかりづらいということです。
見出しでもう少しわかりやすく書いてあったら良かったと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ