チャンスはひっそりと近づき、猛烈なスピードで去っていく

チャンスはひっそりと近づき、猛烈なスピードで去っていく

高柳正盛さんの著書。
経営者やリーダーから実際に聞いた話をもとにした法則で、
具体的な企業名が出ているのでイメージがしやすいです。

筆者の「我」があまり出ていないところも良いと思います。
ビジネス書は筆者の自慢話みたいになってしまうことが多々ありますが
この本はすんなり読めました。

あまり良い評判を聞かないような企業の社長であっても
良いところだけがクローズアップされていて
「こういう人だからこそ成功したのかー」なんて思います。

ちょっと掘り下げ方が弱い気もしますが、
たくさんの事例がサクサク読めるのは良かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ