ひとりぼっちの幸せ

ひとりぼっちの幸せ チッチ、年をとるほど、片思いは深くなるね

『小さな恋のものがたり』でおなじみ、みつはしちかこさんのエッセイです。
まだこのときには完結していなかったんですね。

70歳を過ぎて、ひとりぼっちになって、病気もしたけれど
それはそれで幸せだということが書かれています。

全体的に普通のエッセイなのですが、
どこか心が温まるような、心地よい文章でした。

みつはしちかこさんとは全然規模が違うものの、
わたしも創作活動らしきものを行っています。
おばあさんになるまで書き続けているのだろうか?とよく思うのですが、
そのためには健康で長生きしていないといけないなぁと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ