あなたへ

あなたへ (小学館文庫)

これもかなり若い人が書いたことで話題になりましたが、あまり印象に残らないお話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ