自信のない部屋へようこそ

自信のない部屋へようこそ

雨宮まみさんの住まいに関するエッセイ集。
『理想の部屋まで何マイル?』というウェブ連載をまとめたのだとか。

植木鉢が割れてしまったときの取り返しのつかない気持ちや
新しい鉢を買いに行ったときの気持ちの描写がとても良かったです。

「女子をこじらせて」を読んで以来、
失礼ながら相当に変な人だと思っていたのですが、
至極普通な理想や悩みが書かれています。

逆に言うと普通のエッセイを書いている作家の人も
「女子をこじらせて」並みに屈折した過去があるかもしれないと想像すると
恐ろしいような面白いような思いがしました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ