スケオタデイズ-戦慄のフィギュア底なし沼

スケオタデイズ 戦慄のフィギュア底なし沼 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

何かにハマっている人にとっては
ジャンルが違っても判り合える部分がある気がします。

個性の強い絵なので好みが分かれると思います。
フィギュアスケート選手の顔もあまり似ていません。

フィギュアスケートに対する思いや臨場感は伝わってきます。
それだけハマれるものがあるということがうらやましい反面、
海外まで追っかけするのは大変だろうなぁと思ってしまいました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ