平凡倶楽部

平凡倶楽部

読むエッセイというより見るエッセイという感じ。
こうのさんの得体の知れない感じがよく出ています。
胸に突き刺さるような読後感がありました。
若ハゲの男性が好きという点は共感しました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ