ヘヴンリー・ブルー

ヘヴンリー・ブルー (集英社文庫)

「天使の卵」「天使の梯子」のサイドストーリーのような感じです。
夏姫はいろいろと気の毒な人物だったなぁと思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ