舟を編む

舟を編む

男同士の思わせぶりな距離感を書かせたら
三浦しをんさんの右に出る人はいないでしょうね。
そこは本筋にはあまり関係ないのですが、
作者の趣味がよく現れている部分だと思います。

あっさりしたストーリーで物足りない感じがしましたが、
楽しく読める本でした。
映画も見てみたくなりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ