ジブリの教科書5 魔女の宅急便

ジブリの教科書5 魔女の宅急便 (文春ジブリ文庫)

これを読むとまた映画を見直したくなります。
ウルスラという役は必要なのか?とずっと疑問だったのですが、
それを描かないといけなかったという理由もなんとなくわかる気がしました。

最後の飛行船のシーンは後から付け加えたというのも面白いエピソードですね。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ