ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー (新潮文庫)

読んでいる間はすごくわくわくして楽しいのですが、ちょっと長いかな。

【2022年再読】
伊坂幸太郎さんの小説です。
お父さん(といったら怒られる)がテレビに映るところと、手紙を読むところで涙が出てきました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ