君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

堀江貴文さんの著書です。
海外旅行をしたときに感じた各国の印象が書かれていて、とても面白かったです。
わたしは海外旅行に行ったことがなく、海外情勢にも興味がないため、知らなかったことがたくさんありました。
しかし「絶対に海外に出たほうがいい!」というスタンスではなく、「やっぱり日本は便利だし、海外に行かないのも別に悪いことではない」みたいな書き方なのが良かったです。

国境はあくまで頭の中にあるというメッセージも印象的です。
どこにでも行けると考えているだけでも視野が広がるということがよくわかる本でした。


こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket