【コラム】わたしの読書歴

わたしと読書の歴史について振り返ります。
思いっきり個人的な話で長文ですが、もしもご興味があればご覧ください。

子ども時代の読書

子どものころから本が好きでした。
幼稚園のときも外で遊ばずに絵本ばかり読んでいた記憶があります。

本好き

幼稚園のときには幼稚園に置いてあった本、
小学校のときには図書室に置いてあった本を読んでいました。

当時はあまり数を競うタイプではなく、1冊をじっくり読んで、
同じシリーズの別の本を読んでいくという感じでした。

今となってはどんな本を読んだのかあまり思い出せません。
漫画の伝記シリーズはよく読んでいた気がします。

本屋さん

本屋さんも大好きでした。
田舎なので小さな本屋さんしかありませんでした。
いまではAmazonで欲しい本がすぐに買えるので、
欲しい本を探して本屋さんを回るという手間がなくていいですね。

幼稚園のときの将来の夢は「本屋さん」でした。
小学生のときには「作家」になっていました。

いまブログという形で文章を発表して多少なりとも収益が上がっているので、
夢が叶っているような気がします。

中学生時代の読書

幼稚園から小学校の頃はよく本を読んでいましたが、
中学生になるとあまり読まなくなりました。

中学生向けの本って?

小学生には児童書というジャンルがあります。
しかし中学生は何を読んでいいのかわかりません。

いまはYAというくくりがありますし
そうでなくても適当に読んだら良かったと思うのですが
当時のわたしは本選びに悩んで読書そのものを頓挫させました。

中学校の図書室が小学校と比べて貧相だったのも一つの原因です。
市の図書館は家から遠くてなかなか行けず、
自分で買うにもどんな本を買っていいかわからず、
結果として本から遠ざかることになりました。

渡辺淳一さん

そんな折、中二病の一環で渡辺淳一さんの作品にハマりました。
本当になぜ渡辺淳一だったのかと思ってしまうのですが
当時『失楽園』ブームだったんですね。

中学校では新聞を読んで感想を書く課題がよく出されますよね。
友人の家では日本経済新聞を取っていて、
連載中の『失楽園』を見つけて教えてくれたのです。

それで『失楽園』を読んだらなんとなく面白くて、
ほかの渡辺淳一さんの作品も読みました。

もっと別の作家に出会っていたら
いまごろもっと違った人格形成がされていたのかも…なんて思いますが
渡辺淳一さんの作品に悪い影響を受けたというわけではないですし、
そういう時期だったのかなと思うしかありません。

大学生時代の読書

高校時代は受験勉強に追われ、ほとんど本を読んでいません。
大学生になってようやく読書を再開しました。

文学部に入学

もともと本好きということで、なんとなく文学部に入ってしまいました。
本が好きだと国語が得意みたいなイメージがありますが、高校国語は苦手です。
得意科目は数学でした。

受験テクニックの問題で、
実は国語が得意な人より数学が得意な人のほうが文系では有利なのです。
数学はできない人が多いので、差をつけることができるんですね。

文学部というとやはり本が好きという人が多かったです。
わたしとは比べ物にならないくらい本を読んでいる人もいれば、
別にそれほど本が好きというわけでもないという人もいました。

本との出会い

大学生というと年齢的には大人です。
言うまでもなく一般的な大人向けの本を読めばいいわけです。

中学生時代に抱いた
「どんな本を読んでいいのかわからない」
という疑問からようやく脱却することができました。

小説を読んでみたら面白くて
「世の中にはこんなに面白い本がたくさんあるのか」
とショックを受けました。

作家を目指していた時期もありましたが
「こんなに面白い本があるのではわたしの入る隙が無い」と悟り、
自分は読む側として生きていくことを決意しました。

社会人時代の読書

大学卒業後、勤め人となりました。
往復の電車に乗っている約1時間が読書タイムでした。

電車の中で読書

当時はまだスマホが普及しておらず、
電車の中では寝るか音楽を聞くかぐらいしか選択肢がなかった気がします。

朝の通勤時間帯はそれなりに混んでいましたが
本を広げるスペースがないということはありませんでした。

往復で1時間になるので、早ければ1冊読み終えることができます。
電車の暇つぶしにちょうど良かったです。

インターネット予約のありがたみ

このころは市の図書館で本を借りていました。
インターネット予約が始まっていたのでとても重宝しました。

本館にある本も、近くの西館に持ってきてもらうよう
ネットで手配することができます。

しかも図書館の利用者があまりいない市だったのか、
話題になっている本も比較的早くに借りて読むことができました。
「図書館のために市民税を納めている」と豪語していたものです。

本のジャンル

読む本のジャンルも変わってきました。
それまで小説がメインだったのが、
ビジネスパーソン向けの本や人生訓の本など実用書が増えてきたのです。

学校に所属しているときにはどうしても
「ためになる本しか読んではいけない」
という呪縛があったのだと思います。

タレント本とかコミックエッセイとか、
自分の読みたい本を自由に読めばよいのだという
当たり前のことに気付いたのがこの時期でした。

主婦になってからの読書

結婚を機に退職し、いま住んでいる土地に越してきました。
暇になったから読書をするぞ!と意気込んでいたものの
意外と読書量は増えませんでした。

自由すぎて読書ができない

しばらくは子どもがいなかったので
専業主婦として暇を持て余していました。

勤め人時代は電車に乗っている時間を読書に充てる習慣があり、
自動的に読書をしていました。

しかし主婦になった途端、
いつ読書をしていいのかわからなくなってしまったのです。
これは予想外の出来事でした。

勤め人時代によく読んでいたビジネス書が
対象外になってしまったことも大きいです。

料理の本も読んでみましたが自分にとってはあまり面白くなく、
読書をしている感じがしないのでやめました。

図書館が貧弱

引っ越して図書館が変わったことも大きなポイントでした。
以前の図書館と比べて質の低い図書館になってしまったのです。

だからといって他の市に引っ越すわけにもいかず、
「しょぼい図書館といっても読んでいない本はたくさんある」と気持ちを切り替え
面白い本を探すようになりました。

しかしモチベーションの低下は否めませんでした。
読書好きは住まい探しの際に図書館の良し悪しもチェックする必要があります。
主人が退職したら豪華な図書館のある自治体に住みたいです。

子どもが生まれてからの読書

子どもが生まれてからは絵本も読むようになりました。
人気の本はやはり面白いですね。

義母の推薦図書

主人の母、娘にとってはおばあちゃんが保育士さんなので
いい絵本をすすめてくれます。

どの本も人気のある定番の絵本みたいで
市のおはなし会で見かける率が異常に高いです。

自分で絵本売り場に行ってもどの本がいいのか判らないので
プロに選んでもらえるのは本当にありがたいと思います。

絵本に対するイメージ

わたしはあまり絵本が好きではありませんでした。
自分が小さいときには気にならなかったのですが、
大きくなってから読んでみると教訓くさかったり、
無理に感動させようとしていたりする印象がありました。
絵本売り場でも大仰なポップがついているのでげんなりします。

しかし、義母にもらった定番の絵本を読んでみると媚びた様子はなくて、
素直に子どもが喜ぶような本になっていました。

何より自分の娘が何度も読んでほしいと持ってくるので
気に入っているのがよくわかります。

子どもがこの先、本好きになるかどうかはわかりませんが
本に興味を持ってくれたらサポートしていきたいです。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket