【コラム】ドクショメモの本の99%は図書館で借りた本という説

ドクショメモで紹介している本の99%は大津市立図書館で借りたものです。
著者の方がご覧になったとしても、買ったわけではないので心苦しいです。

大津市立図書館

わたしが読んでいる本は、もっぱら大津市立図書館で借りています。
ちょっと時代遅れのものやマニアックなものがあるのはそのせいです。
自分で購入するとなるとかなり厳選してしまいますが、
図書館で借りると絶対に買わないような本も読めます。

わたしの場合、お金がもったいないというよりは、
本を置くスペースがもったいなくて本を買えません。
何度も読み返したくなるような本はあまりないので、
図書館を本棚代わりに使っていれば十分だと思っています。

大津市立図書館はかなり地味です。
はじめて行ったときは古くてパッとしない図書館だなぁと思いました。
それでも読みたい本はたくさんあるので、問題ありません。

自宅から徒歩10分程度の場所にあるのもうれしいところ。
週に1~2回は足を運んで、4~5冊借りてくるようにしています。

わたしと図書館

わたしの実家は車社会の地方都市にあり、
市立図書館は歩いている場所ではありませんでした。
両親とも読書に興味がなかったので連れて行ってもらえず、
小学校の図書室の本を熱心に読んでいたものです。

中学校になったら行動範囲が広がり、
市立図書館まで自転車で行けるようになりました。
しかしながら豊富な蔵書に圧倒されてしまい、
本の選び方もよくわかりませんでした。

社会人になってようやく
「自分で読みたい本を読めばいいのか」
ということが理解できるようになります。

ちょっと興味を引かれた本でも借りて読むことができるので
近くに図書館があることはありがたいです。

本の選び方

図書館に行く前からお目当ての本を予約していくこともあれば、
書架でたまたま目に付いた本を借りることもあります。

インターネット予約もできるので便利です。
たまに何十人も予約が入っている本がありますが
別にそれほど急がないので予約処理をしておきます。
1年後ぐらいになることもありますけどね。

図書館に足を運んでも、小さい子どもがいるので
じっくり選ぶことができません。
インスピレーションで選んでいることが多いです。

きょう返ってきた本

図書館の入口には「きょう返ってきた本」がまとめて置かれています。
スタッフの方々がいちいち書架に戻すのが大変なので、一時置きをしているんですね。

そこに並んでいる本から選ぶのも楽しいです。
他の人が最近読んだ本だけあって、話題の本もあれば
「こんな本どうやって見つけたんだろう」という掘り出し物の本もあります。

わたしが何週か前に返した本が並んでいることがあって
「わたしが掘り出したおかげでブームになったのかも?」
なんて思ってしまうこともしばしば。

書架に置いてあるだけでは絶対に手に取れないであろう本と
思いがけず出会うことができるスポットなので、有効活用しています。

ドクショメモのルール

ドクショメモでは本を読んで思ったことを自由に書いています。
感想を書くことが目的になってしまったら本末転倒なので、
特に感想がないときには一言でもOKというルールを自分に課しています。

辛口の意見を書いていることもあるので、
もしかしたら誰かが気分を害すことがあるかもしれません。
あくまで個人の感想なので気にしないでほしいです。
他の読者の心に響くことはあるでしょう。

本との出会いは奇跡みたいなものです。
いまいちだなぁと思う本であっても、
世の中にこういう本があるのかという勉強になります。

ドクショメモはいつまで続くかわかりませんが、
読書自体はずっと続けていくことでしょう。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)